あひるのバタ足

日本語教師だったり、TOEICスコアアップトレーナーだったり。非常勤生活満喫中。ご意見はTwitter @ahiru5963 へ。

日本語学校で「教えない授業」はできるか

初級積み上げテキスト「大地2」が終わって初中級つなぎ教材に入るクラスで「教えない授業」をやってみました。

「教えない授業」って何?という方はまずこちらを。学習者どうしで互いに教え合う授業で、形式はいろいろあるようです。

というわけで、Go! 全然お話にならなかったら一斉授業に変えればいいやというプランBも懐にしのばせて…。安易でスミマセン!

使用テキストは初中級つなぎの『いつかどこかで』1課「アパート探し」です。

1日目・2日目で語彙調べと大意把握が終わっている という状態で、

3日目、文法項目の学習を行います。すでに初級積み上げ教材で学習した文型、表現が多いです。

16人のクラスで、3~4人のグループに分かれて1グループ1つの文法項目について調べて発表する。それがミッションです。

 

教師が指示したことは3つ。

「本文」「会話」を読む。

文法について、グループで話し合う。

みんなの前で発表する。

これだけです。本当にこれだけです。ひどいですね。「わかんないよ!」と言われたのでヒントをプレゼントしました。

「みんなは新しい文法を勉強するとき、どんなことを知りたい?何をどう説明したら友達がわかってくれると思う?」

そしたらグループで議論が始まりました。

 

で、こんなのが出てきました。(板書、ぜひ拡大して見てください)

f:id:sarajevo:20170707153950j:plain

このグループが担当する文法は「条件は~ことだ」です。まず、右半分に作り方を書いて説明し、続いて左半分に例文を書いて説明しました。作り方説明は秀才タイプの女子が担当し、例文はちょっとやんちゃな男子が担当です。自分たちでいい具合に役割分担してますね。

もちろんこれがすんなりと出てきたわけではありません。

各グループとも、何をどう説明したらいいか、仮説を作り、教師にぶつけ、を5回くらい繰り返しています。「作り方と例文を発表したらいいよ」と教師が言ったわけではありません。そして例文を作るにしても、適切な例が出てくるまでトンチンカンなものがいくつも出てきます。仲間どうしで「これはおかしいよ」「なんで?」と直し合い、どうしてもわからなくなったら「先生~」と声がかかります。45×2コマで収めたかったのですが、翌日の多読タイムをつぶして1コマ延長し、計3コマ使いました。

授業の感想をFacebookに書いてくれた学習者がいました。

お互い試行錯誤ですが、慣れたらもっと楽しくなりそうです。

このクラスではディベートも始めたので、いずれそのことも書きたいと思います。

以下はここ1〜2週間の私の雑感になります。

togetter.com

 

【宣伝】言語学オタクをさりげなくアピール。チョムスキーTシャツ作りました。

suzuri.jp