あひるのバタ足

日本語教師だったり、TOEICスコアアップトレーナーだったり。非常勤生活満喫中。「われわれは過去の記憶によってではなく、未来への責任によって賢くなる」(バーナード・ショー)

外国語ができなくても日本語教師になれるって、ホント?

「あんなに言ったのに全然覚えてない!」講師室に戻ってくるなりキレてる先生がいました。相当がっくりきてる様子です。前回導入した表現とその注意点について、復習をしたらほとんどの学習者が覚えていなかったのだそうです。

でも、ちょっとまって。教師が教えたら学習者は覚えるものなのでしょうか。私たちは自分が中学や高校で英語を勉強したとき、単語も例文も発音も、一回で覚えられたのでしょうか。

肩を落としている先生の後ろ姿にかける言葉も見つからず、しかし以前「あひる先生って海外一人旅できるの?英語使って?すごーい」と言われたことがあるのを思い出しました。この先生は、どうやら自分の意思で外国語を学んだことがないようです。

というわけで今回も投下してみました。どーん。

(あれよあれよと言う間に、日本語教師以外の方々にもRTが広がっていてちょっと怖い気がしています)

 

日本語教師 外国語 できない」と検索すると「直接法を使って教えるから外国語ができなくても大丈夫」という記述がたくさん出てきます。実際のところはどうなのでしょうか。 

投下後、真っ先に届いたのがこちら。豪速球の直球です。

学生は教師をどう見ている?

関さんは、学習者の母語を学ぶようになって授業に対する考え方が変わったそうです。

 

もう少し深めてみたいと思います。日本語教師が外国語を学ぶということは、どういうことなのでしょうか。り〜やんさんは、ヒンディー語に挑戦してみたそうです。

こちらは、繰り返し練習の重要性です。自分がその気にならないと毎週90個とか覚えられないですよね。

日本語教師が外国語を学ぶということは、媒介語を使う使わない以前に、学習者を理解するために非常に重要な要素であるようです。

それではなぜ、外国語ができない人が日本語教師になっているのでしょうか。

営業トークでしたか。実際は外国語ができる人も養成講座を受講されているようですが、修了後、そうした人が日本語教師になっていないというのが何とも できる人は「他にも稼げる仕事があるから、非正規で給料も安い日本語教師にならなくてもいいや」ということなんでしょうかね。

ちなみに今回の私の問題提起は、こちらのツイートに触発されてのものです。

 

以上、外国語学習経験の重要性について書きました。しかしもちろん、外国語を学ぶ大変さとそれを克服する手立てがわかるのであれば、経験はなくてもいいと言えるかもしれません。ただ、私たちは神様でもコンピューターでもなく、人間という自己中心的かつ非生産的な生き物ですから、相当のメタ認知能力がないとそれは難しいのではないかと思います。

また、もう一つ批判が想定されます。経験至上主義に陥ると「私がやったこの方法が最高。黙って従え」と学習者の多様性を無視して自分のやり方を押し付けることにもなりかねないというものです。ただ日本語教育能力検定試験に合格している方であれば、こうした経験至上主義がナンセンスであることはご理解いただけると思います。

今回はCEFR B1以上を目安に外国語を習得しているかどうかをTwitter上で日本語教師の皆さんに問いかけたところ、たくさんのリアクションをいただきました。ひとつだけでなく、2つめ3つめの外国語をA1A2レベルで学習中という方もいらっしゃいました。すでにある言語がある程度使えるレベルに達した後も、新たな言語にチャレンジし、現在進行形で学び続けている方々には本当に頭が下がります。

問いかけにリアクションをくださった皆様、引用を許可くださった皆様(実はまだ一部返信待ちですが)、本当にありがとうございました。

【追記】

本エントリ公開後、村上さんからコメントがありました。

 学習者がどんな方法で勉強できるのか、その現状と可能性を知っているのと知らないのとでは指導法や教師としての信頼に大きな差が出ると私も思います。私は英語はB2とC1の間くらいですが、最近スタディサプリEnglishを有料で使用し、全レベルに入り込んでいじりまくっています。とにかくどんなもんか見てみようという感じですが、英語・日本語どちらを教えるにしても得るところが多いです。スキットは言われているほど面白くはないですが、続けさせるための仕組みがハンパないです。ぜひのぞいてみて「一週間お試し」してみてください。なお私自身の信頼に関わるので下記リンクはアフィリエイトにはしていません。

eigosapuri.jp