あひるのバタ足

日本語教師だったり、TOEICスコアアップトレーナーだったり。非常勤生活満喫中。ご意見はTwitter @ahiru5963 へ。

その学校に、信頼関係はあるか

「授業の評価を生徒にさせます」

いきなりこんなことを言われたらどうしますか?

以前勤務していた日本語学校でそんな話が持ち上がり、ベテランの先生たちが猛反対したという出来事がありました。その後すぐ私は辞めてしまったので、その評価が行われたかどうかはわかりません。ただ先生たちの目にあらわれた不信感と憤慨に満ちた口調は忘れることができません。

日本語教育をサービスと定義するのであれば、先日ここで述べたように、顧客である学習者からのフィードバックも取り入れ質を担保することは必須です。

なぜ先生たちは猛反対したのでしょう。

先週開かれた日本語学校教育研究大会にヒントがありました。教師研修を行っている学校の発表です。授業の質を一定レベル以上に保つため、研修を受けた上で先生たちに授業を行ってもらい、定期的に学習者にアンケートの回答を求めている、というものでした。研修を受けた上で自律的に授業を改善しようとしている先生は学習者からの評価も上がっているそうです。

研修の内容も、教師Can-doもすごいなと思って聞いていたのですが、それ以上にこの学校には、学校・教師・学生、三者の信頼関係があると感じました。信頼関係がなければ、せっかく企画した研修や教師Can-doも絵に描いた餅で終わってしまうでしょう。特に評価されることになる教師に対しては、何のために何をどのように行うのか、それを納得できるまで説明しなければならないでしょう。

話を冒頭の学校のことに戻します。あのときベテランの先生たちはなぜ猛反対したのでしょう。思い返せばそれは、信頼関係がなかったからです。まともな教師なら誰しも、日々改善を考えているわけですから(※)、信頼関係さえあれば「お互いに協力しあっていいものを作っていかない?」という話ができるばずです。あのとき学校側は詳しい説明も行わず、思いつきのような形で断片的に評価の話を持ち出してきていました。そりゃ反発されるわけです。

でも、信頼関係ってどうやったら作れるんでしょうね。

最近思うのです。学校側には法に則って非常勤を人として扱ってくれと願うのはもちろんですが、私たち非常勤も学校側を必要以上に仮想敵のように見てはいけないですね。やさぐれたりあきらめたりすることなく、歩み寄るべきときは歩み寄ることができればと思います。そしてそういうことができない学校とはサヨナラし、できる学校へと移って行けばいいのです。

 

その先生たちがまともじゃなかったという可能性は考えないことにします。

日本語教師は無辜の民か

ユダヤ人哲学者ハンナ・アーレントをご存知でしょうか。ナチス・ドイツによるホロコーストに関与した責任者の一人、アドルフ・アイヒマンについて「悪の凡庸さ(陳腐さ)」という概念を述べ、大論争を巻き起こした人物です。どういうことかと言うと「大量殺戮を指揮するヤツは極悪人であるに決まってる」というみんなの考えを「いや、実は彼は極悪人というより、何も考えていない小役人で、上から言われたことをそのままやっただけ」と喝破し、本来仲間であるはずのユダヤ人社会から総スカンを食らってしまったのです。

映画にもなっています。

なぜ唐突にこんな話を持ち出したのでしょう。それは先日こんなツイートを見かけたからです。

 

留学生を食い物にするような日本語学校について「批判されるべきはその企業や日本語学校であって日本語教師じゃない」ここがどうも引っかかったのです。ブラック組織で働いている日本語教師は無辜の民なんですかね。

というわけで皆さんに聞いてみました。現在92人の方に投票いただいています。

 

選択肢が極端なので、悩まれた方が多かったかもしれません。実際は、やめずに内部告発を行うという考えをお持ちの方もいらっしゃいます。(そういう方はどちらにも投票してないですよね?)

この極端な選択肢のアンケートで何を知りたかったのか。それは私たちはどれくらいアイヒマンなのか?ということです。私自身は、留学生(+ときに講師)を食い物にする組織にとどまり仕事をし続けることは、その組織の存続を手助けしている、つまり悪の片棒を担いでいることにほかならないと考えます。だって私たちは判断力のある立派な大人なわけですから。

何か大ごとになってから「私は関係ない」と言い訳しますか?

今日見てきたこの映画も、そんなことを思い起こさせるものでした。

私たちには自由があります。組織に意見を言うこともできます。いつでも組織から離れ、別の組織に仕事を見つけることもできます。

もう一度言います。私たちは自由なんです。

教えること、学ぶこと

日本語教師の皆さんからTOEICについてよく聞かれるのですが、お役に立てなくて歯がゆく思うことがあります。

というのも、たいていこんな感じだから。

 ご自身が日本語学習者にどういう指導をしているのかなと思います。お勧め本や学習方法なんて、条件によっていくらでも変わってきます。新しい学習者と出会ったとき、ニーズ調査しますよね。しないんでしょうか。仮にしてたとしても、同じクラス内の学習者は一律に同じレベルで同じ目標で、ライフスタイルも一緒だとでも?

普段ご自身がどういう姿勢で学んでいるかも質問の仕方で一目瞭然ですね。一般企業だとガツンと言ってくれる先輩がいたりしますが。

TOEICに興味があると言っている割に、あれこれ理由を持ち出して受験しない人も多いです。

理由その1「忙しいから」

TOEIC L&Rは長丁場と言われますが、12時半集合で15:15には解放されるテストです。半日もかかりません。

理由その2「勉強してないから」「勉強する時間がないから」

とりあえず受けましょう。スタート地点なんだから、勉強しないで受けてくださって全然構わないです。現在地確認しないと目標地点までの道も示せないから。こっちは仕事だから何点でも驚かないし。とりあえず受けてしまって、時間がなければないなりに続けられる方法を考えましょう。

自身がチャレンジし続けている人間かどうか、これ学習者にも伝わります。私たちは学習者に勉強しろしろ言いますけど、本気で自分も勉強してる教師とそうでない教師を学習者は見抜きます。もちろん経験至上主義的な押し付けアドバイス(クソバイスって言うそうですね)は論外ですが、自身が学び続ける人間であることは、学習者に向き合うにあたっての最低限のマナーの一つなのではないかと思っています。

で、TOEIC受けますか?また先延ばしにしますか?

 

非常勤講師と有給休暇

今日も日本語教育業界をdisる風を見せつつ、この業界がよくなるといいなあ~という思いで書いています。

日本語学校では契約時に、有給休暇が取れるという説明を受けたことがありませんでした。就業規則を見せてもらったこともありませんでした。 確認しない私もいけないといえばいけないのですが、面倒なヤツだと思われてしまうのもイヤなので、気になりつつも触れずにいました。そうした気持ちは多くの非常勤講師の皆さんも感じたことがあるのではないでしょうか。

実際、こんな意見もありました。

 というわけで非常勤日本語教師の皆さんを対象にアンケートを開始したのですが、開始1時間ほどの現在、14名の方に投票いただき、その全員が「ない」という状況です。アンケートは3日間実施されますので、今後どう変化するかを見守っているところです。

 人材紹介サービス業の方からもリアクションがありました。

 ただ、どうなのでしょうか。法律で決められた労働者の権利です。「うちの案件は法を守っている」ってそうじゃない学校が多いことを示唆しているし、「が多いです」って数は少ないかもしれないけど「法を守っていないところを扱ってます」ってことにならないでしょうか。

※本件につき、レスをいただきました。

ちょっと耳の痛い指摘もありました。

 私たちも、もう少し自覚的になったほうがいいですね。冒頭にも書きましたが「面倒なヤツだと思われたくない」そんな気持ちがこの業界を悪くしているかもしれません。授業後の無給の採点なんかも。 

短いですが、問題提起でした。

非常勤講師は商品である

タイトルをご覧になってどんなイメージをお持ちになりましたか? 人を商品だなんてひどい? 使い捨て? ネガティブな捉え方をなさる方も多いかもしれませんね。実際そういう思いを抱かせるに十分な日本語学校も少なからず存在しますから 

さて、このタイトル、実はポジティブな意味でつけました。というのも「非常勤講師は商品である」という考えを徹底し、投資を惜しまない学校(会社)があるのを知ったからです。ちなみに残念ながら日本語学校ではなく英語の学校です。でも日本語学校でも参考にできるところもあると思ったので書きます。できない理由は考えず、とりあえず読み進めてみてください。

先日、英語の学校の非常勤講師採用試験を受けました。そのプロセスは以下のようなものでした。(応募資格はTOEIC L&R だったら850点以上。経験不問。学歴も不問だったと記憶)

【一次+二次】(ほぼ終日)

  1. ペアワーク:与えられた会話をペアでロープレ(英語)
  2. 模擬授業(英語。自分が教師役でないときは生徒役)
  3. エッセイを書く(英語)
  4. 3の内容をスピーチ(日本語)
  5. 3.4を元にグループディスカッション(英語)
  6. 文法知識確認 TOEICの問題解説を書く 2
  7. リーディング TOEFL4 100
  8. 面接(日本語+英語)
  9. 事務適性検査

【三次】(3週間)

研修。実際に使用する教科書とモデル教案を元に20時間以上のレクチャーとデモ練習。途中スキルチェック1回+最終デモを経て合否判定となる。研修は交通費+千円程度の時給が支給される。

で、運良く採用に決まり、また研修なのですが

凄まじくないですか? CELTAのクラスに参加したことのある人が研修仲間にいたのですが「ある意味CELTAより詳しく教えてくれてる」と。教授法も第二言語習得論の現時点での定説にもとづいており納得できるものです。

これだけ講師の育成に投資していてその内容も理にかなったものであるなら、途中で不合格となってもこの学校のファンになります。

 

日本語学校の採用側からはときどき「いい先生が来ない」「養成講座は現場で役立つことを教えない」と嘆く声が聞こえてきます。 

でも、いい授業をしてくれる先生は、待っていれば来てくれるのでしょうか。

そして、予想される反論。「日本語学校は英語学校と違うから」

本当にそうでしょうか。私たちは、学習者(顧客)からフィードバックを得ようと努力しているでしょうか。フィードバックを次の授業に生かしているでしょうか。主任や専任は非常勤の授業をモニタリングしているでしょうか。さらにこれらすべてが誰かの犠牲の上にあるのではなく、仕組み化されているでしょうか。

できない理由を並べ立てる。まずはそれをやめるところから始めてみましょう。

日本語学校で「教えない授業」はできるか

初級積み上げテキスト「大地2」が終わって初中級つなぎ教材に入るクラスで「教えない授業」をやってみました。

「教えない授業」って何?という方はまずこちらを。学習者どうしで互いに教え合う授業で、形式はいろいろあるようです。

というわけで、Go! 全然お話にならなかったら一斉授業に変えればいいやというプランBも懐にしのばせて…。安易でスミマセン!

使用テキストは初中級つなぎの『いつかどこかで』1課「アパート探し」です。

1日目・2日目で語彙調べと大意把握が終わっている という状態で、

3日目、文法項目の学習を行います。すでに初級積み上げ教材で学習した文型、表現が多いです。

16人のクラスで、3~4人のグループに分かれて1グループ1つの文法項目について調べて発表する。それがミッションです。

 

教師が指示したことは3つ。

「本文」「会話」を読む。

文法について、グループで話し合う。

みんなの前で発表する。

これだけです。本当にこれだけです。ひどいですね。「わかんないよ!」と言われたのでヒントをプレゼントしました。

「みんなは新しい文法を勉強するとき、どんなことを知りたい?何をどう説明したら友達がわかってくれると思う?」

そしたらグループで議論が始まりました。

 

で、こんなのが出てきました。(板書、ぜひ拡大して見てください)

f:id:sarajevo:20170707153950j:plain

このグループが担当する文法は「条件は~ことだ」です。まず、右半分に作り方を書いて説明し、続いて左半分に例文を書いて説明しました。作り方説明は秀才タイプの女子が担当し、例文はちょっとやんちゃな男子が担当です。自分たちでいい具合に役割分担してますね。

もちろんこれがすんなりと出てきたわけではありません。

各グループとも、何をどう説明したらいいか、仮説を作り、教師にぶつけ、を5回くらい繰り返しています。「作り方と例文を発表したらいいよ」と教師が言ったわけではありません。そして例文を作るにしても、適切な例が出てくるまでトンチンカンなものがいくつも出てきます。仲間どうしで「これはおかしいよ」「なんで?」と直し合い、どうしてもわからなくなったら「先生~」と声がかかります。45×2コマで収めたかったのですが、翌日の多読タイムをつぶして1コマ延長し、計3コマ使いました。

授業の感想をFacebookに書いてくれた学習者がいました。

お互い試行錯誤ですが、慣れたらもっと楽しくなりそうです。

このクラスではディベートも始めたので、いずれそのことも書きたいと思います。

以下はここ1〜2週間の私の雑感になります。

togetter.com

 

【宣伝】言語学オタクをさりげなくアピール。チョムスキーTシャツ作りました。

suzuri.jp

 

パクり合って進化しよう

前回エントリで新人さんに「パクリ」を奨励したところ、皆さんからリアクションをいただき「そうは言っても…」という考えもあることがわかったので、アンケートをしてみました。ご協力くださった皆様、ありがとうございます。

 

抵抗のある方が半分近くというのが私には驚きでした。というわけで、さっそくインタビューです。ちょっと不躾な質問にも快く答えてくださる先輩方に感謝です!(ご本人の承諾を得て転載)

ベテラン教師 Aさん

無駄に頑張ることは、教師にも学生にも益がないどころか害さえあるものね。
とはいえ、(無駄に)頑張ってきた先輩は、そうやすやすと手の内を公開したくないようなケチ根性が抜けきらんのです。ここは学校側がそうした先輩たちにも対価を支払いつつ、新人用「教案キット(真似してごらん♪)」を作成すべきでしょうね。

ベテラン教師 Bさん

養成講座を担当していた時、余りに皆さんとんちんかんなことをなさるので、一回私が書いた教案を使って皆が実習をやってみたらどう?と提案したことあります。(その時は実現しなかった。でも教案はあげました。)そーいえば海外に出る人にはプレゼントとして中級教科書一冊分の教案あげてたし、オンラインレッスン始める人には教案のみならず画像も。しかし今はフリーランスなのでお金に結びつくように考えないとな~。

学校など組織として対応する場合については別の方からも指摘がありました。

提供してくれた人が組織に搾取されるというのは避けたいですね。実際そういう事態になっちゃってるから共有したくないという人もいるかもしれません。

一方で、共有するとこんないいことがあるよという意見も。

見つめ直すきっかけになる、という考え方も。

めぐりめぐって自分にもメリットがあるよという考え。

 私自身も、シェアすることによってフィードバックがもらえたり、自分では思いつかなかった改良が加えられたりするというメリットを感じているので、自作教材を使ったときは授業後の報告にGoogle Driveのリンクを貼っています。

ちなみに教材に使ったことのない人はいないと思われる「いらすとや」は無償でかなり自由に使えますし

www.irasutoya.com

営業マンのお詫びグッズとして名を轟かせる「切腹もなか」も

 >土肥: レシピはその……門外不出ではないと?

 >渡辺: 門外出まくりですね。

www.itmedia.co.jp

公開することで損しちゃうと思っている方は、仲間内で少しずつでもやってみてはいかがでしょうか。

でも自信がないし恥ずかしい…という方はぜひこちらを!

 

金銭的に報われるかどうか、またそのための方法については慎重に答えを出したいと思います。実際教案を有料で公開していた方がいて、それを買ったとき「えっ、なにこれ?!」と思ってしまったことがあるのです。あくまでも私の気持ちの問題です。お金が介在することにより、期待値が高まってしまったり、その高まった期待が失望に変わったり、感情にノイズが入ってくるんですよね。

10年前の自作教材を後生大事に抱え込んで、時代遅れになってしまったということのないように、自分自身も常に進化していたいものです。

 

【宣伝】言語学オタクをさりげなくアピールしよう。チョムスキーTシャツ各色あります。

suzuri.jp